喜多乃愛(きたのあ)は映画弱虫ペダルの橘綾(たちばなあや)役!どんなキャラ?

Mr.トイレ
Mr.トイレ

喜多乃愛さんが映画弱ペダに出るんやけど誰役なん?

うんこ様
うんこ様

確かに、検索しても中々出てこなかったね。あ、だから記事にしたのね。

喜多乃愛(きたのあ)さんが、映画弱虫ペダルで演じるキャラは、橘綾(たちばなあや)というキャラクターです。

橋本環奈(はしもとかんな)さんが演じる、ヒロイン寒咲幹(かんざきみき)の親友というポジションです。

おっと、脇役じゃん!と思ってしまったあなた!

全然脇役じゃないから安心して!

スポンサードリンク

喜多乃愛(きたのあ)は映画弱虫ペダルの橘綾(たちばなあや)役

Mr.トイレ
Mr.トイレ

単刀直入に言おう!

うんこ様
うんこ様

もう、答えいっちゃてるから言う事ないで!

喜多乃愛さんは、映画弱虫ペダルに橘綾(たちばなあや)として出演しています。

どんなキャラクターかと言うと…

ボーイッシュな感じで、喜多乃愛さんの見た目にそっくり?

いや、ちょっと喜多乃愛さんの方が目元が穏やかな気がします。

見た目は、ちょっと違いますね。

うんこ様
うんこ様

漫画のキャラと見た目が全て同じ人間なんて、居てへん。

Mr.トイレ
Mr.トイレ

喋り方とか雰囲気を似せれたら、良いよね。

弱虫ペダルの橘綾はどんなキャラなのか

こちらが普段の喜多乃愛さんです。

めっちゃ可愛いですよね。

こんな喜多乃愛さんが演じる、弱虫ペダルの橘綾のキャラクターについて調べてみると、次のような記述が!

性格は体育会系で、若干気の短いところがあり、オタクにすぐ鉄拳を振るうことがある。そのようなことから、ほぼ初対面の小野田坂道を殴打したこともある。

ピクシブ百科事典

男勝りな性格で、主人公の小野田坂道(ヲタク)を初対面でぶん殴る。

という、よくある姉御肌のキャラクターですね。

エヴァンゲリオンでいうところの、アスカに似た感じでしょう。

男勝りの美人キャラの時点で、人気が出て当たり前ですね。

橘綾は、テニス部員でありながら総北自転車部のインターハイなどでは全力でサポートするなど「弱虫ペダル」ではかかせないキャラクターとなっています。(中略)

男気全快の橘綾ですが、小野田坂道への印象が変わると途端に女子へと変化していきます。優勝をした小野田坂道に「おめでとう」と告げるツンデレの橘綾に読者も釘付けだったことでしょう。あの優勝から1年が経ち、再びインターハイが近づくと、前年度の優勝者である小野田坂道は、日々プレッシャーを抱えていきます。そんな小野田坂道を心配するようになった橘綾は、出来る限るのサポートを決意します。

BiBi

テニス部だけど自転車部を応援しつつ、主人公に恋心を抱く設定の様です。

もしかして、漫画だったらヒロインに昇格してたり・・・?

同人誌では、小野田坂道(主人公)とカップリングに使われる事が多く、弱虫ペダルを語るうえでは、外せないツンデレキャラです。

うんこ様
うんこ様

おっと?これって隠れヒロインってことじゃね?

Mr.トイレ
Mr.トイレ

きっと原作の弱ペダファンからしたら、超熱いキャラである事は間違いないね!

スポンサードリンク

まとめ!

喜多乃愛さんが演じる、弱虫ペダルの橘綾(たちばなあや)について調べてみましたが如何でしょうか?

主人公の小野田坂道の裏彼女(?)として、物語には欠かせない存在である事が分かりましたね。

映画弱虫ペダルは、2020年8月14日から全国で公開予定です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です