IT初心者が詰まるIPアドレスとサブネットマスクについて

先日の記事「ノンプログラマーがエンジニアになるための指南書」でITパスポート試験を受験すべきと勧めましたが、その中で初心者が最初に手詰まりを起こすのが、IPアドレスとサブネットマスクです。

ん?なんのこっちゃ?

と思っている方は、この記事を閉じて、ITパスポート試験の勉強を勧めましょう。

IPアドレスと言うのはIPv4とIPv6がありますが、筆者はIPv4世代。

ちゃんと、IPv6の勉強もせないかんな、と思いつつサボってしまっています。

故にこの記事はIPv4のサブネットマスクについて語っています。

IPアドレスとサブネットマスクって?

まずは、IPアドレスとサブネットマスクについて復讐しましょう。

IPアドレスはIPv4やIPv6の2種類があります。

IPアドレスはインターネット上の住所と覚えておきましょう。

もっと正しく理解するなら、どのルータを辿っていけば目的のクライアントにたどり着くかを明示した文字列です。

後者は、ちょっとややこしいですね。

なので、初心者は前者「インターネット上の住所」と覚えておけばいいです。

IPアドレスについて

IPv4の場合:192.168.1.1

このように表現されますね、これがインターネット上のクライアントの場所を示しています。

イメージ1

192.168.1.1をわかりやすく例えると

  • 192 : 日本
  • 168 : 東京都足立区
  • 1 :1-1-2
  • 1 : 田中さんのパソコン

こんな感じでパソコン(クライアント)の居場所を特定できます。

上記はあくまでも例です。

日本が必ず192から始まる事はありませんので、勘違いしないでくださいね。

実際にIPアドレスがどう使われているかを、体感するには超ミニネットワークを自分で構築し、演習するしかないでしょう。

(素人にできる事ではないです・・・)

やはり、IT技術に明るくなりたければ最終的には実務経験や演習が必要になりますね。

机上でまかなえる知識はこの程度が限界でしょう。

サブネットマスクについて

続いて、サブネットマスクについて触れたいと思います。

サブネットマスク:255.255.0.0

こんな感じで表現されているものです。

え?IPアドレスと同じじゃん!って思いましたよね?

はい、表現は全く同じです。

このサブネットマスクは対になるIPv4のIPアドレスとセットにする事で、やっと意味を持知ます。

IPv4のIPアドレスにはネットワーク部とホスト部が存在します。

先ほどの例で言うと、ネットワーク部が建物の住所で、最後の田中さんのパソコンがホスト部に該当します。

イメージ2
  • 192.168.1.0 (ネットワーク部)
    日本 東京都足立区1-1
  • 0.0.0.1 (ホスト部)
    田中さんのパソコン

192.169.1.2 → 田中さんの隣の席にいる佐藤さんのIPアドレス

192.169.1.3 → 田中さんの隣の席にいる池田さんのIPアドレス

マンションやアパートみたいなものですね。

マンションの住所がネットワーク部で、各部屋番号がホスト部です。

しかし、IPアドレスだけを見ても、どこまでがネットワーク部(住所)でどこからがホスト部(部屋番号)なのか判断できません。

ここで、サブネットマスクが登場します。

サブネットマスクは、ネットワーク部とホスト部を見分ける役割があります。

先ほどから利用している、田中さんのパソコンの場合

イメージ3
  • IPアドレス:192.168.1.1
  • サブネット:255.255.255.0

サブネットマスクはこうなります。これちょっと分かりづらいですが、2進数に変換するとかなり分かりやすくなるんです。

IPアドレス:192.168.1.1
11000000.10101000.00000001.00000001
サブネット:255.255.255.0
11111111.11111111.11111111.00000000

サブネットマスクの1が連打されている部分がネットワーク部で、それ以降がホスト部であることを表しています。

このIPアドレスとサブネットの組み合わせの場合、ホスト部には1~254台のPCを割り当てる事ができるんです。

※ホスト部が「0」はブロードキャストで利用されるのでクライアントの紐付けはできません。

まとめ

IT初心者が最初につまずく、IPアドレスとサブネットマスクについて解説しましたが如何でしたか?

テキストと過去問題集だけでは、深く理解し辛い部分で、ちょっと理解に苦しみますね。

とりあえず、サブネットマスクでネットワーク部を特定できる!と言うところを抑えておけば、あとはIPアドレスとサブネットマスクを2進数変換し、答えを導き出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です